2007年07月21日

大久保を育てた名手のみなさまと合流して♯

070714OB練A.jpg大久保混声合唱団は、いま、9/2の
 50周年記念演奏会に向けてまっしぐらです。

先日は2回目のOB合同練習となりました!
 (写真参照)

大久保を育ててくださった名手のみなさまが
一人、また一人と全国から駆けつけてくださいます。

新旧混ざり合って、懐かしい「旅」「早春」
 「わたりどり」、高田先生の曲たちを
 合わせていきます。

するとなんともなつかしい音色がするものです。

これも、時代は変われど、同じ辻正行先生の
 教え子である証拠なのだなぁと、感慨深い。

団長とはいいながら、ほとんど育てていただいた側、
 しかもまだまだ団暦の浅い私にも、
 興奮と、そして身の引き締まる思いです。

現役組は、それに加えて、
 大久保の歴史を抜き出したような曲目に、
 再挑戦中です。

とくに、三善先生の「海」。
 一度取り組んだメンバーもいるはず・・・
 なのに、リズムと音に苦しみつつ、奮闘中です。

しかしそこは大久保混声のDNA。
 直前までの集中した練習で、かならず本番には、
 なぜか間に合ってしまうのです。
きっと、芸術劇場を驚きと感嘆とで
 いっぱいにしてみせます。

たくさんのお客さまをお迎えするにふさわしい、
 大久保サウンドを、着々とつくりあげていきます。

ぜひ、ご期待ください。
そして、多くのOBのみなさまのご参集を、
 心よりお待ちしております。

       大久保混声合唱団 団長
            西 川  聡
posted by 大久保混声合唱団 at 17:44| Comment(1) | TrackBack(0) | 団長より
この記事へのコメント
お元気そうでよかったです
Posted by 赤ずきん at 2015年11月26日 15:43
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/4771050

この記事へのトラックバック